中山道 下諏訪宿のおだし

下諏訪宿 焼きおにぎり

諏訪大社の下社があるのは諏訪湖の北、
中山道下諏訪宿の街並みの中です。
甲州街道の終点でもあります。

近くの小さな構えの店で昼食をいただきました。

卵の苞(つと)は現役。
今もこうして運ばれてくるそうです。

昔、身近だった藁は、
生活のあらゆる場面に使われていました。

「今は藁が手に入らんもんで、
その為に田んぼをしとるんよ。」
と、伝統工芸の職人さんに伺ったことがあったので、
卵の苞を見てしみじみ感動。

味噌と醤油の焼きおにぎり、
根菜たっぷりのすまし汁、
美味しそうなつまみもちょっとずつ。

私たち貸し切りの店内で、
黙々と料理をし、盛り付け、食材の説明をしてくださり。

丁寧にとったおだしが優しい味で美味しくて、
ガンガン古墳をめぐって疲れた胃袋にしみました。

主張しすぎない古伊万里の器にまで、
店主のお人柄がにじむ空間でした。

伺ったのは昨秋。店主の嘆きも聞きました。
長年つきあいの魚やが、
消費税増税を機にもう無理と商いをたたんだ、と。
間違いない目利きと要望を絶妙に満たす融通。
そんな仕入れはもう望めない、と。

それから半年。
今の危機の中、
店主が同じ言葉をつぶやいているのではなかろうか。

旅先の現場はさらに現場に、そのまた現場に支えられ、
私たちは美味しい恩恵を頂戴しています。

また行きたい。
必ず伺いますからね。

下諏訪宿 卵の苞(つと)

 

下諏訪宿 焼きおにぎり

 

中山道下諏訪宿 町並み