オホーツク流氷館は予想を超える迫力だった。地球は偉大だし自然は崇高だ

流氷体感室の内部は氷の世界

オホーツク海を一望できる高台、天都山にある「オホーツク流氷館」。モヨロ貝塚で見てきた流氷の海を、体感できる施設です。

流氷押し寄せる極寒の海と、天にいるようと名付けられた「天都山」のすばらしい展望を楽しめるとあって、全員ワクワク。

天都山からの絶景は、国の文化財指定「名勝」です。
一面に広がるオホーツク海。網走湖から知床連山までの大パノラマは圧巻でした。言葉が出ないほど。

流氷の科学を迫力の映像とわかりやすい解説で学び、流氷の海が「豊か」というわけも理解できました。世界で10%だけという「奇跡の海」を囲み、独特のオホーツク文化が生まれたのも、体で納得できます。

マイナス15度の部屋では、タオルが凍る体験も。

自然はすごい。自然は美しい。そして怖い。
モヨロ人たちは、ここでオホーツク文化を築いたのですね。

流氷と、展望と、もうひとつ。
オホーツク海の青い塩ソフトクリームもお忘れなく。

■オホーツク流氷館 公式サイトは こちらです 

 

【写真コーナー】——————–

屋上展望台からは360°の大パノラマ。左手奥に知床連山が連なる。(展望写真:公式サイトより)
オホーツク流氷館屋上からの展望

 

 

地階では流氷の海を、屋上展望台ではオホーツクの大パノラマを!右手に知床が広がる。
オホーツク流氷館の外観

 

 

入り口の記念写真スポット
入口の記念写真スポットと「オホーツク流氷館」ロゴ

 

 

祝、50万人。2018年3月に達成!だそうです。
入館者50万人達成の看板

 

 

地階へ。いかにも寒い海へというしつらえ
近い展示室への階段はいかにも流氷の世界へ

 

まずは大迫力の5面シアターで8分間の映像を。どどーん、ごごーー、という音とともに、流氷が覆いかぶさるように迫ってくる。圧巻。撮影禁止でした。
流氷幻想シアター入口

 

アムール河の雪解け、シベリア降ろしの寒風、カムチャッカ半島で閉じられた海。3つの要因でおきる奇跡が、流氷なんですね。だから、世界の海で10%だけ。
流氷のしくみ解説

 

ただの氷じゃない。流氷の海がなぜ豊かな海なのか、それもよくわかります。だから、ぐるりとオホーツク文化圏が現れたということも。
流氷の誕生から到来の解説図

 

さあ、そこを体験してみましょうか。‥という部屋があります。
しばれ体験入口

 

説明を追加
流氷体感室ただ今の室温表示

 

ぬれタオルをもって入ります。「シバレ体験」。しばれるね~=寒いね~、です。
シバレ体験にぬれたタオル

 

コート無しでは入れませんよ。まずはこれを羽織り、
流氷体感室にはコートを着用

 

本当にマイナス15度!凍った海も、キツネやアザラシも。
室内は幻想的

 

手に持ったタオルが、凍ります。次々に「凍った!」「凍った!」と声があがる
手に持ったぬれタオルは凍った

 

再び展示フロアへ。北海道内最大級のプロジェクションマッピング
クリオネのプロジェクションマッピング

 

クリオネ。「流氷の天使」と呼ばれるかわいらしさ。でも行動は意外とこわい
クリオネ解説

 

クリオネ
クリオネ

 

ナメダンゴ
ナメダンゴ

 

シマエビ
シマエビ

 

フウセンウオ
フウセンウオ

 

海の底に心残しつつ、屋上へ
天都山展望台への案内

 

一気に開ける世界に「うわー!すごい」と。
オホーツク流氷館展望台より知床半島を

 

流氷ソフトクリームは大人気。オホーツクの青い塩は、海藻由来の天然色素。全員、太鼓判。
流氷ソフトクリーム

 

国の文化財。「名勝」天都山。
国史跡「名勝・天都山」の案内板

 

説明を追加
名勝・天都山の案内地図

 

説明を追加
道東の案内地図