『八月のクリスマス』。宝もののような映画

八月のクリスマス 群山

ふと、
『八月のクリスマス』を観たくなった。

20年以上前に初めて観たときから大好きな映画だった。

当時、韓国語を習っていて、
言葉を聞くことも、街や生活を知ることも、
楽しくて楽しくて、
韓国映画を一体どれだけ観ただろう。

住宅街に小さなビデオ店があって、
品揃えにみえる個性も楽しかった時代。
4~5軒先のレンタルビデオ店に通い詰めた。

 

ハン・ソッキュが大好きで片っ端から観た。
『八月のクリスマス』は少し異色で、
ハン・ソッキュ映画の中でも
別格に大事な作品になった。

あれから何度か観たけれど、
久しぶりに、観たい、が降りてきた。
「もう、場面も会話も全部覚えてるんだけど…」と思いつつ。

 

でも、違った。

場面も会話も覚えている通りなのだけど、
沁み方がまったく違った。

亡くなる日へと生きている
一秒一秒が、
ジョンウォンが、
タリムが、
アボジがヨドンセンが、
チングがハルモニが、
すべてのシーンが心に染み入る。

ネギを洗うたらいも、
ガラス越しの陽射しも、
つつましい韓屋の古びた廊下も庭先も。

 

そして、声。

ハン・ソッキュの声。
こんなに素敵だったっけ。
低くて優しくて安心感があって、
全てを受け入れていて、
全てを包み込むような。

この声、
この笑い声。

これが、この映画だったんだ。

最高に静かで
最高に温かくて
最高に美しい映画。

 


ロケ地は全羅北道の群山です。植民地時代に日本人街だったここは、今も旧日本家屋が残っているそうで、他の映画でもロケ地として見たことがあります。