韓国に神社の石段が残っていた

春川世宗ホテル(韓国・江原道)


韓国を歩くと、知らなかったことに遭遇し驚くことばかりです。

歴史ツアーで宿泊したホテルの石段が、日本統治時代の神社の、数少ない痕跡だったとは!

敗戦の日の翌日、1945年8月16日、
京城(現ソウル)にあった朝鮮の総鎮守「朝鮮神宮」は日本人の手で昇神式にて御祭神は奉還されました。そして後日、すべて燃やして廃社されました。

今は何の痕跡も残っていません。
場所は明洞、今の南山公園。
ソウルタワーやケーブルカーでにぎわう観光スポットです。

日本が統治していた当時の朝鮮には官幣社や国弊社などが82ヶ所、居留者が設置した社・神祠を加えると全部で995ヶ所の神社がありました。

その神社の、数少ない痕跡のひとつが、
江原道春川の旧江原神社の跡。
石段が、現在の世宗ホテルの正面階段として残っています。
とは言え、石段を「モノ」として活用しているだけで、
宗教的な痕跡はまったくありません。

かたらんねツアーでは過去に2度、それとは知らず泊まっています。
世宗ホテルは、春川の中心部を少し外れた高台の、決して便利ではないけれど眺めのいい場所にあります。江原神社の話を知っていれば違う見方、感じ方があったかもしれません。

明日は台北の台湾神宮のお話を。
あっと驚くような場所に、今も痕跡を残しています。

*数字は下記から引用させて頂きました
中島三千男氏『海外神社跡地の景観変容 さまざまな現在』
川瀬貴也氏 京都大学人文学研究所『人文学報』108号

 

春川世宗ホテル(韓国・江原道春川)
春川世宗ホテル(韓国・江原道)

市内中心部はずれの高台にあり静かな環境
春川世宗ホテルは街を見渡せる高台(韓国・江原道)

正面の階段は日本が占領していた時代の旧・江原神社の痕跡
正面階段は日本統治時代の神社の痕跡(春川世宗ホテル)

政財界の方々も集うホテル
格式ある春川世宗ホテルは政財界人が集う

韓国の歴代大統領もここへ
韓国の歴代大統領もここへ(春川世宗ホテル)

「京城名所 朝鮮神宮」とある。これは占領期の絵はがき。
現在のソウル中心部、明洞にあった。
*絵はがきの写真はパブリックドメイン(public domain)
「京城名所 朝鮮神宮」絵ハガキ

春川の町を望む。澄み切った青空、からりとさわやかな空気、美しい街。国立春川博物館の高台より
国立春川博物館から街を一望

春川と言えば、「冬のソナタ」のヨン様。雪のオブジェがあふれる冬ソナストリートもあるけれど・・・
春川の「冬のソナタ」通りには2人の手形

片手にマグライト、片手に方位磁石で、
芳洞里高句麗遺跡の石室

高句麗遺跡を訪ねる我々のような人々もいますよ。
芳洞里高句麗遺跡の案内板