唐津焼でごはん

唐津焼 松ノ井旅館

今日も窯元さんでは一心に土をこね釉薬をかけ
窯に火を入れる日々が続いていることでしょう。
でもGWのイベントは中止です。

初期登り窯の遺跡が残る窯元さん、
他所から移り住んだ新進気鋭の窯元さん、
そう広くないエリアに70以上の窯元があります。

絵唐津、
黒唐津、
朝鮮唐津、
まだら唐津、
三島唐津、
皮鯨、

お好みがありますでしょうか?
福岡から1時間ほど。
お出かけできるようになればぜひご一緒しましょうね。

窯元を訪ね、唐津焼でお料理をいただく。
器も料理のひと品ひと品も、
さりげない一輪挿しも磨かれた廊下も、
どれだけ心に沁みるでしょう。

そこに並ぶ山あいの田んぼのお米、今朝あがった魚、
健康な土からの野菜。
当たり前ではないと思い至ります。

某所で聞くに、今、
仲居さんが配膳の出入りのたびに自家製消毒液でうがい手洗い、
一度の食事で2ℓペットボトル分を使い切ると。
文字通り身を削る毎日。
店ごとに事情がありそれぞれの苦悶がのしかかっています。

窯元さんも、
料理の板さんも女将も仲居さんも、
農家さんも漁師さんも、
元気でいてくださることに感謝して、
美味しい楽しい時間をご一緒できる日を心待ちに。

皆さんの元気が守られますように。

写真は、焼きおにぎり茶漬け。
絶品です!

 

唐津焼 松ノ井旅館