フゴッペ洞窟/手宮洞窟の岩刻画

冬の北海道、銭函から積丹半島にかけての重く暗い海を見たなら、「石狩挽歌」という歌が風景と混じって体の芯まで染み入ってきます。

その歌詞に、「古代文字」が出てくるのをご存じでしょうか。

*「石狩挽歌」北原ミレイ
なかにし礼 作詞
浜圭介 作曲

フゴッペ洞窟と手宮洞窟は、そんな場所にあります。目の前の海が押し寄せるニシンで覆われたころには、贅をつくしたニシン御殿が創られた場所でもあります。

圧倒されるような岩刻画(ペトログリフ)は、日本ではこの2ヶ所以外には類を見ません。舟・魚・海獣のほか、何と言っても注目の絵は、フゴッペ洞窟の「翼で仮装したような人物」や手宮洞窟の「角のある人」。手に杖、四角い仮面、など、謎を秘めた興味深い人物も刻まれています。

いろいろな解釈がなされてきて、古代文字とも言われました。
今は「シャーマン」説が有力とか。

シャーマンはかつてシベリアから北東アジア全域に広く見られました。また、この2つの洞窟の壁画は、アムール川周辺の岩刻画と大変似ていることがわかっています。

シベリアのサカチ・アリアン遺跡とフゴッペ洞窟にはほとんど同じ「舟」の絵。手宮洞窟の「角のある人」とそっくりな絵もあります。

フゴッペ洞窟と手宮洞窟に岩刻画が刻まれたのは、約1600年前の「続縄文時代」。本州では弥生時代終わりから古墳時代初めの頃です。

当時のこの地の人々が、海を越えて北東アジアの人々と交流していた姿、そして、シャーマンが祈り天とつながっていた暮らしが、目に浮かぶようです。

*いずれも現地に保存・見学施設があります。
*手宮洞窟は現地施設のほか、小樽市総合博物館・運河館にレプリカ展示があり、他の遺跡関係とともに分りやすく見学できます。
*館内の写真等は、館に無断での掲載はご遠慮ください。

フゴッペ洞窟(国指定史跡)公式サイトは こちらです 
手宮洞窟・保存館(国指定史跡)公式サイトは こちらです 

 

【写真コーナー】——————–

フゴッペ洞窟のシンボル。何に見えますか?から見学が始まります。岩壁のたくさんの絵を眺めるにつれ、同じ絵がいろいろなものに見えてくるから不思議です。
フゴッペ洞窟壁画のシンボル

 

これが本物の。
写真は余市町ホームページより。
フゴッペ洞窟内部の壁画写真

 

説明を追加

 

海岸に面し波に浸食された洞窟内に刻まれています。内部はガラス越しに保護し、見学施設内には説明展示もあります。
写真は禁止、ぜひ現地へどうぞ。
フゴッペ洞窟見学施設

 

館の入り口。いよいよです。ドキドキ。
立地、絵の解説など、わかりやすい展示。海外からの見学者も常時いらっしゃるそうです。
フゴッペ洞窟に描かれた絵の数々

 

パンフレットより。アムール川流域の岩刻画と酷似しているものが多いとか。
舟の刻画比較

 

館の裏手にまわると、札幌から余市方面へのJRが。現役です。
洞窟裏のJR線路

 

余市方面へ

 

この踏切の名前が、なんと「古代文字踏切」。現役です。
踏切の名前は「古代文字踏切」

 

古代文字踏切の名前の由来はこれ。線路横の斜面は、フゴッペ洞窟の背面です。
フゴッペ洞窟を裏側から見る

 

こちらは「手宮洞窟」(小樽市)。
「角のある人」が大勢いる!
手宮洞窟の陰刻画実測図

 

手宮洞窟の現地保存・見学施設。(小樽市HPより)
手宮洞窟の見学施設

 

「小樽市総合博物館運河館」。
こちらでレプリカを見学できます。今日はこちらへ。
小樽市総合博物館運河館

 

館内の、手宮洞窟レプリカ
手宮洞窟のレプリカ展示

 

説明を追加
手宮洞窟の解説

 

説明を追加
手宮洞窟の陰刻画実測図

 

説明を追加

 

説明を追加
角のある人がたくさん見える

 

「角のある人」
角のある人

 

 

小樽市総合博物館は本館、運河館があり、この運河館は明治26年、加賀の商人西出孫左衛門、西谷庄八により建てられた「旧小樽倉庫」。建物そのものが見ごたえある展示物です。
運河館の中庭、かつての倉庫

 

 

北海道では珍しい瓦ぶきに、巨大しゃちほこ。
運河館屋根の巨大しゃちほこ

 

 

説明を追加

 

歴史展示は見ごたえたっぷり!
忍路(おしょろ)環状列石(=ストーンサークル)や、
忍路環状列石のレプリカ展示

 

忍路土場(おしょろどば)遺跡。
縄文後期のこの遺跡は北海道では類を見ない低湿地遺跡。夥しい出土品が、すごいの一言。木製品も土器も漆製品も!
忍路土場遺跡の出土品展示

 

漆工の作業場あとも、
漆塗の土器

 

食物の加工調理の道具も、
調理加工の石皿

 

ハンバーグをつくって焼いたらしい!器の貝殻も、ホッキ貝。おいしいものを食していた様子。
縄文ハンバーグ

 

フゴッペ洞窟と手宮洞窟が面する小樽の海。なんと美しいことか。この海で繋がり、シベリア・中国・朝鮮半島まで、北東アジアと交流していた。
西崎山環状列石からの小樽湾の眺め